コンテンツマーケティングでベストなキーワード選定をする5つのツール

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングでベストなキーワード選定をする5つのツール

コンテンツマーケティングを成功させるためには、コンテンツのキーワード選定が非常に重要な要素になります。キーワード選定は言わば料理店の店頭メニューのようなもので、選定方法いかんによってはクリックしてもらえるかどうかが大きく変わります。

この記事では、ベストなキーワード選定をするための5つの方法を取り上げたいと思います。

1. キーワード選定をするための5つのツール

キーワード選定をするための5つのツール

キーワード選定をするうえで実践したい5つのツールを紹介したいと思います。

1. サジェストキーワード

サジェストキーワードを使うのは代表的な選定方法です。サジェストキーワードとは「推測ワード」という意味で、検索されやすいキーワードを推測するのに役立つ機能です。具体的に言うと、Googleの検索窓で特定の文字を打つと、自動的に関連ワードがリストとして表示されますが、それがサジェストキーワードの例です。

このツールを使うことで、どんなキーワードに検索ユーザー全体の関心が集まりやすいかを、少なからず把握できます。ただしこのツールは限定された人ではなく、不特定多数の人に表示されるので、これだけでは競合してしまいます。

2. キーワードプランナー

キーワードプランナー」というツールも使えます。これはGoogleが提供しているツールで、キーワード検索で需要が高いものや、効率が良い関連キーワード群を抽出するのに役立ちます。

ただし、これも不特定多数の人に開かれたツールなので、やはりこれだけでやっていくのには限界があります。

3. 競合サイトからキーワードを抽出する

キーワード選定の際には、競合サイトを参考にすることも役立ちます。競合サイトで上位表示されているサイトを、チェックツールを使って調べ、その中で出現頻度が高いキーワードを探します。こうすることで、検索ユーザーにアプローチしやすいキーワードが分かります。

ただし、注意点が一つあります。競合サイトを調べるといっても、メインキーワードを検索窓に入れて上位サイトを見るだけではだめです。なぜかというと、実は、Googleは位置情報や検索履歴などを検索結果に織り込むからです。この場合は、現在地情報や過去の閲覧サイトの影響を受けてしまい、「クリーン」な上位競合サイトを見つけられません。

ですから、検索上位サイトチェックツールなどを使って、それらの個人的な情報が反映されない状態で上位サイトを調べることが必要です。候補となるサイトがピックアップできたら、できれば、有料のキーワード出現頻度解析ツールを使いましょう。例えば、「SimilarWeb」などがあります。

4. Googleトレンド

Googleトレンド」というツールも便利です。このツールは、現在検索が急上昇しているワードを抽出するのに役立ちます。国や期間、カテゴリーなどを指定して検索できるので、瞬間的にうけるコンテンツを作りたい場合には有効です。コンテンツマーケティングは基本的に数か月から数年をかけて結果を徐々に出していく手法ですが、コンテンツの一つとして、そのような「バズる」ものを狙っても悪くはありません。

5. 自社商品やサービスとの関連を考える

このポイントは一番重要なポイントです。コンテンツマーケティングの基本は、自社と一般消費者(潜在客層)とをコンテンツによって結びつけることです。ですから、自社とは全く関連がないキーワードをいくら選定しても意味がありません。

例えば、家計簿ソフトの認知度を広めたい企業が作るコンテンツの中に、有酸素運動やダイエットに関連したキーワードがあるのは変な話です。絶対結びつかないとは断定できませんが、関連性が低いのは確かです。

ですからまずは、自社サービスや商品がソリューションになるような悩みやニーズについて考えましょう。

「うちにはこの商品、サービスがある。これらは○○のような問題を解決できる。では○○の問題や悩みを抱えやすいのはどのような一般消費者か。関連するニーズにはどんなものがあるか?どんな実践的な情報を提供すればそれらの消費者は満足するか?」

このように考えることができます。

2.まとめ

キーワード選定に力を入れないと、潜在客層の発掘には結びつきません。企業は何よりもユーザー目線に立って、どのような悩みやニーズを抱えていて、どんな点を知りたいと思っているかをしっかり考える必要があります。キーワード選定をするのに便利なツールは色々とあるので、適宜それを使ってみると良いでしょう。

もし現時点でキーワード選定のノウハウが不十分だと感じるようなら、「記事作成代行Pro」のようなプロの代行業者にコンテンツ制作を依頼するのも良い手です。プロの業者であれば、コンテンツSEOに精通しているので、一般消費者に訴えかけるコンテンツをスムーズに作ってくれます。アウトソーシングは費用がかかりますが、良心的な業者は低コストで良質な記事を作ってくれます。

時間や手間を考えればアウトソーシングする方が良い場合も少なくないので、適宜使い分けてコンテンツマーケティングを運営すると良いでしょう。

関連記事

  1. コンテンツマーケティングに期待できる5つ効果を解説!

    コンテンツマーケティング

    コンテンツマーケティングに期待できる5つ効果を解説!

    コンテンツマーケティングは最近ますますその重要性が指摘されるようにな…

  2. コンテンツマーケティングの記事の文字数は重要?気になる効果を解説

    コンテンツマーケティング

    コンテンツマーケティングの記事の文字数は重要?気になる効果を解説

    最近はコンテンツマーケティングの効果についてよく指摘されるようになっ…

  3. コンテンツマーケティングの費用はどれくらい?

    コンテンツマーケティング

    コンテンツマーケティングの費用はどれくらい?気になる相場を解説

    コンテンツマーケティングの重要性についてだんだんと多くの会社が認識す…

  4. 【初心者向け】コンテンツマーケティングとは?目的と方法を解説

    コンテンツマーケティング

    【初心者向け】コンテンツマーケティングとは?目的と方法を解説

    コンテンツやSEOなどの用語を検索していると、しばしば「コンテンツマ…

  5. コンテンツマーケティングは外注すべき?3メリットと2デメリット

    コンテンツマーケティング

    コンテンツマーケティングは外注すべき?3メリットと2デメリット

    コンテンツマーケティングを実施する時は、内部で行うか外部にアウトソー…

  6. コンテンツマーケティングの目的とは?会社とユーザーのマッチング!

    コンテンツマーケティング

    コンテンツマーケティングの目的とは?会社とユーザーのマッチング!

    SEOやWebマーケティングについて調べたことがあるなら、一度は「コ…

おすすめ記事

  1. コンテンツマーケティングの記事の文字数は重要?気になる効果を解説
  2. コンテンツマーケティングは外注すべき?3メリットと2デメリット
  3. コンテンツマーケティング代行が便利!メリットとおすすめを解説!
  4. 【初心者向け】コンテンツマーケティングとは?目的と方法を解説
  5. コンテンツマーケティングでベストなキーワード選定をする5つのツール
  1. コンテンツマーケティングの記事の文字数は重要?気になる効果を解説

    コンテンツマーケティング

    コンテンツマーケティングの記事の文字数は重要?気になる効果を解説
  2. コンテンツマーケティングに期待できる5つ効果を解説!

    コンテンツマーケティング

    コンテンツマーケティングに期待できる5つ効果を解説!
  3. コンテンツマーケティングの成功事例3選!

    コンテンツマーケティング

    コンテンツマーケティングの成功事例3選!コンバージョンUPの鍵とは
  4. 【初心者向け】コンテンツマーケティングとは?目的と方法を解説

    コンテンツマーケティング

    【初心者向け】コンテンツマーケティングとは?目的と方法を解説
  5. コンテンツマーケティングの記事制作のカギ!必須の3ポイントとは

    コンテンツマーケティング

    コンテンツマーケティングの記事制作のカギ!必須の3ポイントとは
PAGE TOP