その他の手法

一つはネイティブ広告型というものになります。従来の広告型認知モデルに対してコンテンツマーケティングを適応した形になります。その広告モデルの割り込み型の弱点を克服して、いかに自然に見込み客を惹きつけるかという要素を取り入れたもので、古くからだと記事広告などがあり、最近ではフェイスブック広告やツイッター広告などが代表的な手法になっております。

ただ見込み客などの集客をネイティブ広告のみに頼ると広告費を払い続けなければならなくなるので、ネイティブ広告できっかけを作った後は関係を保つためにオウンドメディアを強化して見込み客を集客していく策が必要となります。

もう一つは面白コンテンツ型になります。これは誰もが興味をもつであろう「面白いコンテンツ」の力を利用してユーザーの関心を惹きつける酒豪になります。この方法で集めたユーザーは見込み客ではない確率も高いのですが、その代わりに集客すれば比較的高い確率で商品購入につながる低関与度の商品には適しているのではないかと思います。

このようにコンテンツマーケティングはいろいろな手法があります。その中でどの手法を選ぶかというのは商品の種類や見込み客の質、量を追う中などなど、様々な場面によって使い分ける必要があります。そこを間違えてしまうとたとえ質の高いコンテンツを作ったとしても無駄になってしまうのではないでしょうか。きちんと認知してもらい購買そしてその後の永続的な関係性構築までを考えて戦略を立てていただければと思います。