コンテンツマーケティングの意味するところ

コンテンツマーケティングという言葉を聞いたことはありますか。Webマーケティングにかかわっている人なら一度は聞いたことがあるかと思います。コンテンツを使って見込み顧客を獲得するための手法です。そのコンテンツが見込み顧客にとって、適切であって、価値があり、一貫性のあるものでなければなりません。そうして作られたコンテンツ、たとえばブログとか動画、オンラインセミナーなどで見込み客の興味を引き付けて獲得していきます。

ではなぜ今このコンテンツマーケティングが注目されているのでしょうか。いままでのマーケティングは「マス」広告と呼ばれる手法でした。いわゆるテレビのCMや紙面広告枠などの媒体を介して数多くのユーザーにメッセージを発信するものでした。これは一度で多くのユーザーに伝えることはできるのですが多くの情報を発信することはできません。また、インターネットの普及により、ユーザーは知りたい情報を自分で検索していくようになりいままでの一方通行な情報発信では通用しなくなってきたのです。要は一対多数という情報のやり取りには限界が出てきたのです。

そこで新たにコンテンツマーケティングという手法が出てきました。これは一度で発信できるユーザーの数はマス広告に比べて格段に落ちてしまいましが、その代わりに購買行動をするユーザー層へちゃんとしたアプローチができるため、ユーザーとの信頼関係も構築でき効率的にすすめることができるようになりました。またユーザー側も自分に合った広告やメッセージを受け取ることができるためより価値のある情報を受け取ることができるようになったのです。

こうして時代の流れとともに変化したマーケティングの世界ですが、ではこのコンテンツマーケティングではどのような手法が用いられてるのかいくつかご紹介いたします。