手法その2

二つ目としてはコンテンツSEO型と呼ばれるものです。これはインターネットの検索順位を重視するものになります。SEOの視点がキーワードや被リンク数からコンテンツの質の重視へとかわっていったことにより,従来であれば検索キーワードとの関連性や被リンク数が検索順位を決定する主な要因であったのが、検索キーワードを含みながら、専門性が高くオリジナリティーがあり、またより質の高いコンテンツを作ることにより検索順位を上げて、見込み客に見つけてもらいやすくする方法に変化しました。この一環の流れをさします。

また、ロングテールキーワード狙いで比較的わかりやすい情報を量産して、幅広い層に対する間口を用意する手法が採られることもあります。これは情報をよく検索している見込み客が多い場合に有効になります。 

エディケーショナル型とコンテンツSEO型は、基本的にインターネットの検索エンジン経由の流通が主になります。そのためすでに顕在化している情報ニーズを満たすということには優れていますが、潜在ニーズそのものを引き出すにはベストとは言えません。なるべく多くの見込み客に対して知ってもらい閲覧してもらうためにはほかの方法も必要になります。