その他の手法

一つはネイティブ広告型というものになります。従来の広告型認知モデルに対してコンテンツマーケティングを適応した形になります。その広告モデルの割り込み型の弱点を克服して、いかに自然に見込み客を惹きつけるかという要素を取り入れたもので、古くからだと記事広告などがあり、最近ではフェイスブック広告やツイッター広告などが代表的な手法になっております。

ただ見込み客などの集客をネイティブ広告のみに頼ると広告費を払い続けなければならなくなるので、ネイティブ広告できっかけを作った後は関係を保つためにオウンドメディアを強化して見込み客を集客していく策が必要となります。

もう一つは面白コンテンツ型になります。これは誰もが興味をもつであろう「面白いコンテンツ」の力を利用してユーザーの関心を惹きつける酒豪になります。この方法で集めたユーザーは見込み客ではない確率も高いのですが、その代わりに集客すれば比較的高い確率で商品購入につながる低関与度の商品には適しているのではないかと思います。

このようにコンテンツマーケティングはいろいろな手法があります。その中でどの手法を選ぶかというのは商品の種類や見込み客の質、量を追う中などなど、様々な場面によって使い分ける必要があります。そこを間違えてしまうとたとえ質の高いコンテンツを作ったとしても無駄になってしまうのではないでしょうか。きちんと認知してもらい購買そしてその後の永続的な関係性構築までを考えて戦略を立てていただければと思います。

手法その2

二つ目としてはコンテンツSEO型と呼ばれるものです。これはインターネットの検索順位を重視するものになります。SEOの視点がキーワードや被リンク数からコンテンツの質の重視へとかわっていったことにより,従来であれば検索キーワードとの関連性や被リンク数が検索順位を決定する主な要因であったのが、検索キーワードを含みながら、専門性が高くオリジナリティーがあり、またより質の高いコンテンツを作ることにより検索順位を上げて、見込み客に見つけてもらいやすくする方法に変化しました。この一環の流れをさします。

また、ロングテールキーワード狙いで比較的わかりやすい情報を量産して、幅広い層に対する間口を用意する手法が採られることもあります。これは情報をよく検索している見込み客が多い場合に有効になります。 

エディケーショナル型とコンテンツSEO型は、基本的にインターネットの検索エンジン経由の流通が主になります。そのためすでに顕在化している情報ニーズを満たすということには優れていますが、潜在ニーズそのものを引き出すにはベストとは言えません。なるべく多くの見込み客に対して知ってもらい閲覧してもらうためにはほかの方法も必要になります。

手法その1

まず一つ目としてはエディケーショナル型といわれる手法です。それはすぐに商品を売るこむのではなくユーザーの悩みや疑問に答えるものになります。

いつもは気にもしないけども一度購入を考えた時にいろいろな疑問がでてくるかと思います。たとえばある商品Aの購入を考えた際同種類のBという商品とどう違うのか、どちらがいいのか等々、様々な疑問がうまれるでしょう。せっかく買うのですから妥協はあまりしたくないと思います。そうした疑問に対して的確に答えることでユーザー側との関係性を構築していき、商品の購入の手助けをしていくのがこのエディケーショナル型の考えになります。そうした疑問を解決し、ユーザーが商品に対してちゃんとした知識を身に着けていくことで購入した商品の満足度があがりその体験も好印象となればそこから口コミで広がることにも期待できるのです。

この手法は商品を売り込むこともないため、ユーザーも安心してサイトを閲覧できるというメリットもあります、それに加えて、ユーザーの悩みや疑問等を解決してくれて、尚且つ確かな情報を提供してくれるということで、ユーザーとの信頼関係も有効に築くことができる手法なのではないでしょうか。

コンテンツマーケティングの意味するところ

コンテンツマーケティングという言葉を聞いたことはありますか。Webマーケティングにかかわっている人なら一度は聞いたことがあるかと思います。コンテンツを使って見込み顧客を獲得するための手法です。そのコンテンツが見込み顧客にとって、適切であって、価値があり、一貫性のあるものでなければなりません。そうして作られたコンテンツ、たとえばブログとか動画、オンラインセミナーなどで見込み客の興味を引き付けて獲得していきます。

ではなぜ今このコンテンツマーケティングが注目されているのでしょうか。いままでのマーケティングは「マス」広告と呼ばれる手法でした。いわゆるテレビのCMや紙面広告枠などの媒体を介して数多くのユーザーにメッセージを発信するものでした。これは一度で多くのユーザーに伝えることはできるのですが多くの情報を発信することはできません。また、インターネットの普及により、ユーザーは知りたい情報を自分で検索していくようになりいままでの一方通行な情報発信では通用しなくなってきたのです。要は一対多数という情報のやり取りには限界が出てきたのです。

そこで新たにコンテンツマーケティングという手法が出てきました。これは一度で発信できるユーザーの数はマス広告に比べて格段に落ちてしまいましが、その代わりに購買行動をするユーザー層へちゃんとしたアプローチができるため、ユーザーとの信頼関係も構築でき効率的にすすめることができるようになりました。またユーザー側も自分に合った広告やメッセージを受け取ることができるためより価値のある情報を受け取ることができるようになったのです。

こうして時代の流れとともに変化したマーケティングの世界ですが、ではこのコンテンツマーケティングではどのような手法が用いられてるのかいくつかご紹介いたします。